読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さき森を愛する花  瑠璃唐草物語

瑠璃唐草の別名はネモフィラ。ギリシャ語のNemophila は、ギリシャ語の 「nemos(小さな森) + phileo(愛する)」が 語源とされています。そんな愛らしくも健気な花のように生きていきたいと思います。

そろそろ書くべき時なのでしょうかね・・・。 ツインソウル その①

もう一つの、本ブログで、途中まで書き綴っていた物語。

 

恐らくは、スピリチュアルで言う所の、ツインソウルかな?

そう思われる、存在の人との話。

 

なにせ、今世の最初の出会いが、私が10歳、彼が2歳。

次に出会ったのが、私が28歳で、彼が20歳。

そして、恐らく最後の出会いとなる三回目が、

私が、43歳、彼が35歳の時だったと思う。

 

ある意味、ツインソウルなる言葉を知らない時に、この

三度の出会いを果たしている訳ですが・・・。

お互い、生まれた場所も、土地も、年齢も全く接点がなく

知らない者同志なのに、子どもの時代、若かりし頃、大人になってからと

時を経て、三度も出会うというのは、相当ご縁が無ければ、廻り合う

筈の無い二人だったと思います。

 

あ、残念ながら、これから先、甘いロマンスを期待して

読まないでくださいね・・・。

ご期待には、沿えないの。

 

普通なら、ラブロマンスは無くても、

「この3度の出会いに乾杯」的な、

ちょっと「恋の予感」を感じさせる軌跡・・・・

ぐらいは、あっても不思議じゃない筈なんだけど・・・。

 

お互い、三次元世界での生き方が、余りに違っていて・・・。

相容れない二人なのよね・・・・。

 

だけど、魂と言うやつは、三次元の事情とかは、まるっと

無視して反応するみたい。

そんな経験をしました。

 

大体、私は、暗記力が無いくせに、記憶力は、妙にある人で・・・。

それも、「人との何気ない会話」でも、何十年も前の事でも

心に残ってさえいれば、しっかりと思い出せる特技がありました。

それでもね、やはり、寄る年波ってやつには、勝てないじゃない?

 

いつの間にか、記憶のひだのなかに、ひっそりと畳まれていた記憶。

そんな記憶が、ハラハラと紐解かれる時が、ある日やってきた訳です。

まさに思いもしない展開で・・・。