小さき森を愛する花  瑠璃唐草物語

瑠璃唐草の別名はネモフィラ。ギリシャ語のNemophila は、ギリシャ語の 「nemos(小さな森) + phileo(愛する)」が 語源とされています。そんな愛らしくも健気な花のように生きていきたいと思います。

そろそろ書くべき時なのでしょうかね・・・。 ツインソウル その⑦

Sが、本来の事務所へと戻り、私と、年長のおばさんは、

心底、ほっとしていた。

 

私達二人の結論としては、もう二十代のMさんが、陥落

するのは時間の問題だろう・・・と。

 

何せ、ご本人のMさんの方が、ご執心なのだから・・・。

いくらS氏の好みでないにせよ、何時までも、据え膳放置は

しないと、私たちは踏んでいたのだ。

 

酸いも甘いも噛分ける年代の、おばちゃん二人の、今後の作戦

としては、最悪Mちゃんを防波堤にして、新人の女性達に

魔の手が及ばぬように、目配りをしていくことで、淑女同盟は

再び、結ばれた。(あら、Sが居なくなった途端、正気に帰れたのね)

 

よく、フェロモンが・・・なんてことを世間で、いわれるけれど・・・。

それって、主に、セクシーな、お色気漂う女性に限定して使われる

言葉だとばかり、私は思っていた。

 

私は、男性に、そんなものがあると感じたことは無かったし、

男性の場合は、単なる比喩で、使われているに過ぎないと確信していた。

しかし、Sが居なくなると、急に、正気に戻った年長のおばさん。

そして、男性には、殊更、冷徹な私が「やれやれ」と胸を

撫でおろしているということは、やっぱり目には見えないが、

強力なフェロモンもどきが、Sから漂っていたのかも知れない。 

 

これは、気を付けなくては・・・。

 

Sは、それを知ってか知らずか、女性との距離の取り方が、異様に

近いのだ。

その距離は、他人から見たら、所謂「恋人ゾーン」と思われても

仕方ない距離感で、それを、どんな女性に対しても、繰り出して

くるのだ。

なので、彼の本性を知らない人には、うっかり「私に気があるのでは?」

と勘違いさせてしまうのだ。

 

 

 

私は、元々、他人に接近されると、圧迫感を感じるタイプ

なので、相手に気づかれないように、そ~っと静かに、距離を

取るようにしていた。

 

しかし、この作戦が、Sには、全く通じない!

そ~っと離れたとしても、離れた分だけ、詰められてしまう。

Sにとっては、その距離感が普通で、それ以上離れることは

返って、不自然なのだと言わんばかりに・・・。

 

一度、展示会の狭いお帳場で、逃げ場が無いのに、詰められた

事があり、思わず、私は、嫌な顔をしてしまった。

しかし、向こうは意に介せず、売り上げの途中経過報告を

私に確認して、計算機を叩いていた。

 

まさに、そんな時に、ベンダーさんの一人である女性が

暖簾を挙げて入って来たのだ!

勿論、その女性は、一瞬、表情が強張り、見てはいけないものを

見てしまったかのように、固まった。

そして、「失礼しました・・・。」と言って、暖簾を下げようと

していた。

 

「あ~大丈夫ですよ~。」

「売り上げの報告だけなので、どうぞ・・・。

何かご用事があったのでしょう?」

そう私は、彼女に対して声を掛けたのだが、彼女は、

「いえ、今、お取込み中みたいなので・・・あとで伺います。」

と言って去っていってしまったのだ。

 

「オ~マィ~ガ~~~~~!」

絶対勘違いされている~~~~~~~。

 

そのベンダーさんも、恐らくSのパーソナルエリア攻撃を受けて

「気があるのかも」♪って勘違いしていた一人かも知れない。

 

こりゃ、厄介だわ・・・。

 

私は、フェロモン対策として、実に滑稽で、到底効果があるとは

思えない対策を取ることにした。

しかし、これが、以外にも、思わぬ効果が有ることに、後々

気付くことになる。

 

当時は気づかなかったが、この方法も、実は、ツインソウル

ならではの間柄だからこそ、出来た方法なのかもしれなかった。

 

 

 

(今日のまとめ)

 

 

パーソナルスペースの分類

密接距離ごく親しい人に許される空間。

近接相(0〜15cm)
抱きしめられる距離。
遠方相(15〜45cm)
頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離。

 

f:id:kangaeru59dpg7zo:20161216000131j:plain

 

   ☝

若かりし頃のマイケルジェイフォックス

 

ファッションといい、雰囲気がSそっくりです。

 

で、こんな風な感じ。

 

    ☟

 

 


Gazebo - I Like Chopin - Audio Remastered ( Official Video )