読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さき森を愛する花  瑠璃唐草物語

瑠璃唐草の別名はネモフィラ。ギリシャ語のNemophila は、ギリシャ語の 「nemos(小さな森) + phileo(愛する)」が 語源とされています。そんな愛らしくも健気な花のように生きていきたいと思います。

そろそろ書くべき時なのでしょうかね・・・。 ツインソウル その⑰

研修が終わって、一旦新人さんは、入社式

の為に、本社へと帰ることになっていた。

 

本来なら、4月から、新しいビルへ引っ越す

予定だったのだが・・・。

人手がある内に、引っ越しを済ませてしまおう

という事になり、自分たちで運べる物は、台車

に乗せて、歩いて引っ越すことになった。

 

経費節減という名目だったが、引っ越す先が

目と鼻の先ぐらい近かったのも、理由の一つ

に違いない。

 

新人たちは、この歩いてお引越しも、それなりに

楽しんだようだ。

キャスター付の椅子は、そのまま、ガラガラ

引っ張って、歩道を歩いて行く。

若者が、十数名、そんな感じで連なっていくのを

通りがかる人たちは、物珍しそうに見つめていた。

 

軽い物はいいのだけれど、据え置きの金庫が、

どうにも重くて、私は、四苦八苦していた。

私の、体重をかけても、全く、びくともしない。

 

そんな様子に気付いた、新人の男性陣が、

「僕たちが運びますよ~、瑠璃さん、座ってて

ください。」って声を掛けてくれた。

 

ああ・・・いいなぁ~、若いって・・・。

ああ・・・いいなぁ~、素直って・・・。

 

還暦の、鬼のようなオババに、あらん限りの

苛めを受けた、私の心に、彼らの、爽やかな

思いやりの心が、染み入っていく。

 

ついつい、女子のことばかり心配していたけど

男子の事も、考えてあげないとな・・・と、

改めて、思った。

 

そう、彼ら新人男子軍団も、思いもよらない形で

影響を受けていくのである。

 

贔屓の引き倒しとは、よく言うけど・・・。

あんな、あからさまな態度で、恥ずかしく

無いもんだ!

 

後々、私は、Sに対して、そう憤慨することに

なるのだ。

 

新人が入って来て、総勢20名になることもあり、

前所長で、降格され係長になっていたYも、所長に

返り咲き、Aチーム・Bチームと二班体制に分かれて

営業活動を行うことになった。

 

もちろん、そのチームの人選を決めるのは、Sだ。

当然と言わんばかりに、新人女子の中でも、

トップクラスの美女を、自分のチームへ配置していた。

Yが担当するBチームには、以前から在籍していた

大人チームを中心に、Aチームの選に漏れた新人男子

と、意外な事に、愛人のMを配属した。

 

あらら以外・・・。

 

しかし、これは、Sの次なる布石であることに

私は、気付いた。

Sは、既に、新人女子の中から、次のターゲットを

見定め、ロックオン状態にするために、Mを遠ざけた

のだと気づいたのだ。

 

悲しいかな・・・私の、この予測は的中してしまう。