読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さき森を愛する花  瑠璃唐草物語

瑠璃唐草の別名はネモフィラ。ギリシャ語のNemophila は、ギリシャ語の 「nemos(小さな森) + phileo(愛する)」が 語源とされています。そんな愛らしくも健気な花のように生きていきたいと思います。

最近の、私の一押しトピック!

このブログを始めて、4月に、懐かしの音楽シリーズで、私の大好き

だった曲、「雨音はショパンの調べ」をご紹介した。

 

ほんとに、その時は、久しぶりに聞いて、「あ~やっぱり名曲やわ~。」

と感心し、曲の世界観に浸っていたのだが・・・。

 

その「雨音はショパンの調べ」を、日本語でカバーした「小林麻美」さん。

 

なんと彼女が、今年、突如として、芸能界に復帰したのだった!

 

マ・・・マジですか・・・・。

 

曲を紹介した折、気になって最新の情報を調べていたのだが、

たまたま、某歯医者さんと対談している写真を見つけ、

ちょっとボーゼン自失状態に、陥ってしまっていた私。

 

あのアンニュイで、お洒落カリスマだった小林さんが、

なんと、普通の、おばさんになってる~~~。

 

彼女の、雑誌の切り抜きを、今でも大事に持っている私としては

ちょっと、油断が過ぎないかい?って思ったのだ。

 

いや、確かに、60過ぎの方なら、こんなもんか・・・と

思わなくもないのだが、歳は取っても、昔取った杵柄。

おしゃれクィーンの面影が、少しは残っていて欲しかったな・・・と。

 

最近、一般人だって、美魔女とか言って、結構小綺麗にしているでは

ないか・・・。

引退していたとは言え、芸能界を牛耳る夫を持ち、ご本人も

芸能界でキラキラ輝いていらっしゃったんだもの、もう少し

努力していても良かったのかな・・・って残念な気持ちでいたのだ。

 

そう感じた半年後、彼女の突然の復帰を聞き、「え、一体何をやるの?」と

思わず驚かずには、いられなかった。

確かに、スレンダーなボディは健在だと思うが、ハイビジョンに

耐えられるの?って、つい心配してしまったのだ。

 

そんな心配をよそに、彼女は、本来の雑誌モデルの仕事を、

復帰の第一弾としてやり遂げた。

 

ネットで写真を見ただけなので、なんとも言えないが、さすがに

昔取った杵柄と、ヘアメイクのお陰で、おしゃれっぽい雰囲気に

仕上がっていたようだ。

 

フランスのマダムって感じの、お洒落上級者な感じ。

 

これから仕事をやりながら、また「元の勘」ってやつを

取り戻していくのだろうか・・・。

 

そうだな・・・・バブル世代も、そろそろアラカンになるんだもの。

彼女の、お洒落番長復活は、頼もしい限りかも知れない。